ネットワークデバイス群をまとめて無償でクラウド管理

ICT(情報通信技術)を活用したデジタル革命、デジタルトランスフォーメーションが企業や団体などで進んでいる。現代においてもコンピュータシステムの基本要素は処理、記憶・記録、通信であり、さまざまなモノがつながる昨今、従来にも増して通信ネットワークとその管理はとても重要である。

しかしこれまで、複数にわたるネットワーク機器の運用管理には監視用サーバや、監視システムのインフラ構築など多大な設備投資が必要で、機器のファームウェア更新においては煩雑な現地作業が発生していたという。

NECプラットフォームズは、VPN対応高速アクセスルータUNIVERGE IXシリーズ、VPN構築ルータUNIVERGE WAシリーズ、オフィスコミュニケーションゲートウェイUNIVERGE Aspireシリーズなど企業向けネットワーク機器を、クラウド上で運用管理可能な無償サービス「NetMeister」を今年10月15日より開始。これにより、対象ネットワーク機器の設置場所やアラーム情報、ファームウェアバージョン等が一目で把握でき、システム管理部門の工数削減が可能になるという。

「NetMeister」では、変動するIPアドレスと独自ドメインを紐付けてネットワーク管理を容易にするダイナミックDNS機能の提供を3月よりスタートさせていて、今回、「管理サイトにアクセスするだけで簡単かつ安全に機器管理が可能」、「対象ネットワーク機器は今後も拡大予定」、「『フレッツ光ネクスト』IPv6ダイナミックDNS機能に対応」といった特長を備えて、さらなる利便性を実現する大幅な機能拡張を図ったという。

同社は今後も、「社会ソリューション事業」をグローバルに推進するNECグループの一員として、先進ICTや知見を融合し、サービスの向上、機能の充実、ネットワーク環境の高度化を通じて、安心して快適で豊かな社会の実現に貢献していく考えだ。

NECプラットフォームズ、企業向けネットワーク機器をクラウド上で一元的に運用管理する無償サービスを開始

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事