車両ガラス設置型アンテナによる5G通信に成功、ドコモら

NTTドコモ(ドコモ)、AGC、エリクソン・ジャパン(以下、エリクソン)は、第5世代移動通信方式(5G)コネクテッドカーの実現に向け、「車両ガラス設置型アンテナ」(以下、オンガラスアンテナ)を用いた5G通信の実証実験を共同で実施。

今回の実証実験では、茨城県の国土技術政策総合研究所において、オンガラスアンテナを設置した車両に対し、ビームフォーミング機能やMIMO機能を利用した5Gの高速通信を行った。そして、走行速度約100km/hの高速移動時で最大8Gbpsの通信に成功した他、走行速度約30km/hの移動時においても、最大11Gbpsの通信を実現し、オンガラスアンテナを用いることで、28GHz帯の高い通信速度を、車両内で享受できることを確認したという。

実証実験に使用したオンガラスアンテナは、AGCが新たに設計・開発したガラス面に設置できる28GHz帯対応の5Gアンテナ。外観から見えにくく、車両のデザインを損なわずに設置ができる。

ドコモによると、28GHz帯の周波数は、電波の減衰が大きく、遠くまで届きづらいという特徴があるという。オンガラスアンテナを車両に設置することで、電波を特定方向へ集中させるビームフォーミング機能や、複数アンテナから異なるデータを同時に伝送して通信速度を向上させるMIMO機能を利用した5G電波の送受信を安定的に行うことが可能となり、走行中の車両に対しても安定した高速通信を実現できると説明する。

5Gコネクテッドカーに向けた「車両ガラス設置型アンテナ」による5G通信に成功


カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事