屋内空気質監視のエンドユーザーエクスペリエンスを強化

amsは、ガスセンサーICで市場をリードする「CCS8xxファミリ」の機能をアップデートし、イニシャライズ時間の短縮により屋内空気質監視アプリケーションのパフォーマンスが向上したことを発表した。

今回、アナログの揮発性有機化合物(VOC)センサーICである「CCS801」のソフトウェアライブラリ、およびデジタルVOCセンサーICである「CCS811用デバイスファームウェア」に大幅なアップデートを実施した。

これにより、48時間以上かかっていたイニシャライズ時間が60分に短縮され、エンドプロダクトの電源を最初にオンにしてほとんどすぐに、総VOC(TVOC)または等価CO2(eCO2)の相対値を用いて屋内空気質レベルの数値を利用可能になるという。

amsでは、OEMパートナーにとって、製造現場で行っていたバーンインプロセスを大幅に削減または全排除できるようになるだけでなく、屋内空気質監視アプリケーションに統合した際にエンドユーザーが設定なしですぐに使用可能になると説明する。

新しいソフトウェアでは、ユーザーが清浄な空気の基準値をフレキシブルに設定できる。メーカーは、汚染された環境でCCS8xxセンサーの電源をオフにするときやリスタートしたときの基準値を各自で保存、復旧可能。加えて、基準値の自動補正間隔をプログラムできる。これらの機能により、センサの反応を所定の動作環境特性に一層近づけられるという。

また、新しいソフトウェアは、すでに家庭用およびビル用オートメーション(HABA)アプリケーションに広く利用されているCCS801、CCS811の既存のハードウェア設計上に実装されている。

ams、環境センサ部門シニアマーケティングマネージャ、ポール・ウィルソン氏は「米環境保護庁によると、屋内の空気がさらに汚染され、屋外の空気汚染よりも大きな健康リスクにさらされるという証拠が増えつづけているそうです。人々は平均して生活の 90%を屋内で過ごしていることから、家庭内や職場、車内の空気質を監視するCCS801、あるいはCCS811をベースにしたデバイスを使用することは、健康のためにも快適さのためにも多大なメリットがあるといえます」とコメントしている。

amsのVOCセンサCCS8xx製品ファミリ、屋内空気質監視のエンドユーザエクスペリエンスを強化

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事