VRの業界標準接続規格「VirtualLink」を発表

NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、Microsoftが参画・推進する新しい業界コンソーシアムは、VRの業界標準接続規格である「VirtualLink」規格を発表した。多種複数のコードやコネクタを使用することなく、単一の高帯域USB Type-Cコネクタのみで、次世代VRヘッドセットをPCやその他のデバイスへ接続を可能にする。

USB-Cのオルタネートモードである、この新しい接続方法は、VR導入における重要な課題を回避することで、VR設定の簡素化とセットアップスピードの改善を図れる。薄型で軽量のノートブックPCなどのポートが少ない小型のデバイスでも没入型のVR体験を可能にするという。

ヘッドセットは、次世代のVR体験の実現のため、これまで以上のディスプレイ解像度を提供すると共に、トラッキングと拡張現実(AR)向けに高帯域幅カメラを搭載する必要がある。VirtualLinkは、VRヘッドセットとの接続に、将来的なニーズの変化に合わせて拡張可能な4つの高速HBR3 DisplayPortレーンと、高解像度カメラ、センサー用のUSB3.1データチャネルをサポートし、最大27ワットの電力を提供する。

VirtualLinkは、VR専用に開発されていて、ヘッドセットおよびPCメーカーが次世代のVR体験を提供できるように、遅延と帯域幅への要求に最適化されているという。

NVIDIA、ゲームおよびVR担当ジェネラルマネージャ、ジェイソン・ポール氏は「現実をシミュレートするには、卓越した視覚的忠実度と処理能力が求められます。VirtualLinkは単一の高帯域ケーブルによってPCの可能性を最大化することで、素晴らしいVR体験を実現します」とコメントしている。

次世代のVRヘッドセットをPCや他のデバイスと接続を可能にするオープンな新業界規格を発表

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事