自走式駐車設備向け自動運転・自動駐車に関する共同研究

IHI運搬機械(IUK)は、慶應義塾大学SFC研究所 大前学研究室と、自走式駐車設備向け自動運転・自動駐車に関する共同研究契約を締結し、共同研究を開始した。

近年、クルマの自動運転を取り巻く技術革新は目覚ましく、駐車場に代表される社会インフラに関しても、多様なニーズに対応する技術革新が求められている。IUKでは、そのような事業環境を好機と捉え、自社工場敷地内に自走式駐車設備を建設し、駐車場事業者として自動運転に対応する駐車場の実証実験に取り組んでいる。

一方、慶應義塾大学 大前教授は、「いつでも」「だれでも」「どこへでも」行ける社会の実現を目指し、自動運転と関連技術の研究開発を20年以上実施し、様々な自動運転走行の実証実験に取り組んでいる。特に自動車の自動運転」「自動車の自動隊列走行」「自動車の遠隔操作技術」の3テーマに焦点を当て,自動車の知能化や情報化、次世代モビリティに関する様々な研究教育活動に取り組んでいる。

こうした経緯のもと、IUKと慶應義塾大学 大前学研究室との共同研究で、自動運転に対応した駐車場に必要な設備・技術および製品開発を行なうことになった。

共同研究では、自走式駐車設備の場内環境において自動運転車が適正に経路認知や駐車するための制御技術(車両側・インフラ側双方)に関するノウハウの獲得を目指す。

自走式駐車設備向け自動運転・自動駐車に関する慶應義塾大学 大前学研究室との共同研究の開始について


カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事