IoT向け軽量ブロック暗号「Speck」に対応した暗号鍵保護ソフトウェア

丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は、IoTデバイス用に採用が広がる軽量ブロック暗号「Speck」に対応した暗号鍵保護ソフトウェアの提供を開始する。今回提供を開始する暗号鍵保護ソリューションは、2017年よりMSYSが取り扱う米whiteCryption製ソフトウェアSecure Key Boxの最新版「Secure Key Box 5.13.0」。

Secure Key Boxは、暗号鍵を平文に変換することなく暗号機能を使用可能にするホワイトボックス暗号実装技術により、暗号鍵の盗用を防ぎ、アプリケーションソフトウェアをハッキングやリバースエンジニアリング、マルウェアによる攻撃から守るセキュリティソフトウェア。最新版では、軽量暗号(Lightweight Cryptography)である「Speck(スペック)」に対応した。

通常の暗号はリソースに制約のない環境での使用を想定したもので、メモリや処理能力に制限のあるIoTデバイスでは利用が難しく、またコネクテッドカーでは低遅延が求められるなどの理由により、少ないリソースでも暗号処理が可能な軽量暗号が不可欠。

低コスト・低消費電力で動作可能な軽量暗号技術は、車載機器や医療機器などさまざまな機器で利用される可能性があり、IoTやCPS(Cyber Physical System)といった次世代のネットワークサービスを構築する上で有効なセキュリティ技術の一つとなることが期待されている。

米国国家安全保障局が2013年に発表したSpeckは、暗号化および復号化に高い処理能力を必要とせず、かつ高速である点が特徴。Speckを採用するIoTデバイスメーカーは、コネクテッドカー、医療機器、スマートメーター、ホームオートメーションなどのアプリケーションにSecure Key Boxを採用することで、IoTデバイスとアプリケーションを結ぶ通信からのデータ流出やアプリケーションの不正操作を防ぐことが可能になるという。

IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供


カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事