AIやフィンテックなど最新技術を駆使する、ネット銀行事業はじまる

モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)など、先端技術の活用が進んでいる。世界では、知財や契約の管理および仮想通貨・電子マネーの運用基盤としてブロックチェーン(分散型台帳)が研究されていて、金融とIT(情報技術)を融合させた「フィンテック」事業の開発も盛んである。

近年、ネットバンキングの利用意向が若い世代を中心に高まっていて、スマホの普及やフィンテックの進歩により、キャッシュレス社会が到来――。昨年6月施行の改正銀行法により、銀行とフィンテック事業者とのAPI連携が進み、より利便性の高い決済をはじめとする新しい金融サービスが誕生しつつある。さらに、ブロックチェーン技術を応用したより安全で安価な決済・金融サービスへの期待が高まっているという。

GMOあおぞらネット銀行は、高度セキュリティ認証、ブロックチェーン、AI、IoT、次世代メディアなど、新たな顧客ニーズに対応した次世代型インターネット銀行事業を開始。「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」、次のようなコンセプトを具現化していくという。

・ EC事業者を含む中小企業・小規模事業者など法人客に、生産性向上につながる銀行サービスを低価格で提供
・ 個人客にITを駆使したスマートな次世代型機能とGMOクリック証券と連携した魅力ある銀証連携サービスを提供
・ GMOインターネットグループあおぞら銀行グループと連携し、外部のフィンテック企業とも連携して、ユニークなサービスをスピーディーに展開
・ 低価格のサービス提供を実現するために、システムは最先端のIT技術を活用し、圧倒的なコスト低減を図る

業界最安値水準の、個人および法人の円普通預金、円定期預金、初年度には"バーチャル口座"など特長ある商品サービスを展開する。同行は今後も、顧客に「安心」「速さ」「安さ」「便利さ」「新体験」の5つの価値を提供するという。

新しいインターネット銀行事業の開始について

カテゴリー: 情報通信 , 金融 , FinTech   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事