インフラ・建設業などの働き方改革を推進する遠隔作業ソリューション

ブイキューブは、コニカミノルタが開発したメガネ型ウェアラブル端末「WCc」に、ブイキューブがコニカミノルタ向けに開発した遠隔作業支援ソリューション「Smart Eye Sync」を搭載し、2018年7月17日からコニカミノルタと協働で先行販売開始することを発表した。

IoT(Internet of Things)による第4次産業革命「インダストリー4.0」の動きが加速する中、コニカミノルタではインフラや建設、製造業・物流業における現場改革を重要なテーマと定め、WCcが開発されていた。ブイキューブは、ビジュアルコミュニケーションサービスの提供を通じた現場の働き方改革に取り組んできた実績を活かし、現場利用に最適化した「Smart Eye Sync」を新たに開発した。

従来のメガネ型ウェアラブル端末で課題になっていた装着感や運用の手間を解決するため、両社が実証実験を繰り返して先行販売に至ったという。両社のソリューションを組み合わせることで、現場の働き方改革に最適化された遠隔作業支援ソリューションを提供することにした。

Smart Eye Syncは、コニカミノルタが提供するWCc向けにブイキューブが開発した専用ソフトウェア。これまでPCやスマートフォン向けに提供してきた「xSync Prime」に比べ、よりウェアラブル端末の操作に最適化した機能を追求した。

通信状態が悪い現場でも高品質な映像と音声を届けることを可能にし、現場のリアルタイム映像を本部側から録画や静止画を撮影したり、画面に書き込みを加えたり、その場で多拠点と共有・展開することもできる。

Smart Eye Sync搭載のWCcの特徴として、ブイキューブでは「安全に使える装着性」「簡単に使える操作性」「遠隔からのカメラ操作で、ズームと担当者目線の切り替えが自在になる」といった点を挙げている。

ブイキューブ、コニカミノルタと協働でインフラ・建設業などの働き方改革を推進する遠隔作業ソリューションを先行販売開始


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事