コミュニケーションロボットを活用した家電制御サービスを検証、東北電力

東北電力は、ユーザーの快適かつ便利な暮らしを実現する新たなサービスの開発に向けて、IoTや人工知能(AI)などの情報技術やコミュニケーションロボットなどを活用したサービスの検証に取り組む「よりそうスマートプロジェクト」の開始を発表した。実施期間は、2019年8月末までを予定している。

同プロジェクトでは、2つのサービスの技術検証を行う。1つ目が、コミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を活用した生活アシストサービスだ。BOCCOは、ユカイ工学が開発したコミュニケーションロボット。スマートフォンと連動し、離れて暮らす家族とメッセージのやり取りや、温度・湿度や家族の帰宅、外出状況など宅内の様子を把握したりすることが可能。

自宅内に設置したセンサーの反応により、あらかじめ登録されたメッセージをBOCCOが自動的に発話したり、外出中の家族のスマートフォンから宅内の様子を把握したりすることなどが可能。ユーザーがあらかじめ設定した室内温度に達した場合に、BOCCOが自動で発話したり、外出先の家族にスマートフォンで通知したりするサービス。

BOCCOを操作しながら話しかけることで、エアコンの入り切りを行うことや、外出先からスマートフォンでエアコンの入り切りを行うことが可能。さらに気象情報や室内の温度・湿度を踏まえ、最適なエアコン稼働時間を予測するシステムを活用し、ユーザーのニーズや利用シーンに応じて、エアコンの自動操作を行うサービスなどを検証する。

もう1つが、家電別の省エネアシストサービス。スマートメーターで計測したデータ(30分ごとの電気使用量)から、家電別の電気のご使用量を推定するシステムを活用し、ユーザーの省エネ・省コストにつながる家電の使い方をメールやLINEでアドバイスする。

新たなサービスの開発に向けた「よりそうスマートプロジェクト」の開始について


カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事