トイレ施設対象の施設保全IoTサービスを提供

ユニアデックスは、シブタニが提供するスライドラッチ(トイレのスライド式カギ)「SWITCHSTRIKE AIR(スイッチストライクエアー)」に対応したトイレ施設対象の施設保全IoTサービス「AirFacility Aqua for SWITCHSTRIKE AIR」の提供を開始した。

SWITCHSTRIKE AIRは、電池・配線レスセンサーを内蔵しており、個室トイレの施錠・解錠情報を無線送信できる。ビルメンテナンス事業者、設備工事関連事業者は、このサービスの活用により、施設のデジタル化を早期に実現し、人手不足が深刻化する中、利用頻度に応じた最適な施設保全を、施設保有者に提供できる。

AirFacility Aqua for SWITCHSTRIKE AIRは、「AirFacility Aqua」「SWITCHSTRIKE AIR通信ソフトウエア」「ゲートウェイ設置ツール」で構成される。

SWITCHSTRIKE AIR通信ソフトウエアをゲートウェイ機器に導入することで、SWITCHSTRIKE AIRとAirFacility Aquaを接続。またゲートウェイ設置ツールには、ゲートウェイ機器の受信電波強度を確認する機能および、ゲートウェイ内部のセンサー情報を設定する機能が含まれている。

そのため、ビルメンテナンス事業者や設備工事関連事業者がこのツールを活用することで、施設保有者に対して本サービスを容易に提供することが可能となる。また施設保有者は、電池交換などの運用負荷が低く、施設利便性向上に向けてサービスを活用できる。

ユニアデックス トイレ施設向けIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」に対応した「AirFacility Aqua for SWITCHSTRIKE AIR」を提供開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事