工場IoT、インシデント等の共有をウェアラブル端末で即座に

日本のみならず先進各国でモノのインターネット(IoT)の導入が加速している。製造業界は、各調査会社の統計やアナリストの意見からもIoT技術を活用するリーダーであることがわかる。

しかし従来、工場内の設備異常・故障、起動・停止、ワークの遅れ・欠品、チョコ停(不明な原因で設備が短時間停止を繰り返す)、段取りロスが発生するたびに、現場での指示待ちや故障修理待ちなどの手待ちロスが起こり、設備稼働率の低下につながっていたという。CECは、スマートウォッチやモバイル端末に対応した工場向けの作業支援システム「SmartFollow」を本日より提供開始する。

個別に設定された「工場のさまざまなインシデントをリアルタイムに共有・通知」でき、工程間の作業内容の可視化および準備・段取り時間の短縮などによる"とまらない工場"の実現を目標に、「多品種少量生産による品種・段取り替えが多い現場の円滑なコミュニケーション手段に」使え、工場IoTデータの可視化サービス"Visual Factory"をはじめとする「各種IoTデータ活用サービスとの豊富な連携」を可能にするという。

CECの作業者支援システムは、設備(工作機械、ロボット、PLC等)の稼動情報とモバイル/ウェアラブル端末を連携し、緊急度・優先度の高いインシデントを、即座に工場内の管理者・作業者に通知する――。マルチメーカー対応の設備稼動監視・実績管理システム"Facteye"との連携も可能で、国内主要メーカーのロボット・CNCに幅広く対応し、稼動状況・アラーム情報に基づいた迅速な意思決定と異常の早期発見をサポートする。

それらを統合活用することにより、設備・人・モノの状態をIoTによりデジタル化し、ダッシュボードにより問題点を見える化して意思決定を支援し、スマートデバイスへ作業指示するしくみを機能させ、工場の自動化・自律化を図れるという。

製造現場向けウェアラブル型作業者支援システム「SmartFollow」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事