2017年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率5.8%

IDC Japanは国内ソフトウェア市場の2017年の実績と2018年~2022年の予測を発表した。IDCが定義するソフトウェア市場には、パッケージソフトウェア、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)の売上額が含まれている。

2017年の国内ソフトウェア市場は2兆8,579億1,400万円、前年比成長率が5.8%となった。2018年は前年比成長率4.6%を見込んでいる。2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.5%、2022年には3兆5,694億9,900万円に達するとIDCでは予測する。

2017年のアプリケーション市場は前年比成長率が6.3%。マーケティングアプリケーションの活用拡大とセールスアプリケーションの中堅中小企業への浸透によってCRMアプリケーションが二桁成長を達成した。

また、企業の働き方改革の実践により、SaaS型のファイル同期/共有ソフトウェアやチームコラボレーティブアプリケーションなど場所やデバイスを問わずに業務を遂行することを支援するコラボレーティブアプリケーション市場も伸長。2017年~2022年のCAGRは3.8%とIDCでは予測する。

マーケティングや顧客管理においてより一層データ活用が広まり、CRMアプリケーションが引き続き成長します。また、様々な業種においてAI(人工知能)の活用が拡大するに伴い、コグニティブ/AIソフトウェアプラットフォーム市場が急速に拡大するとみている。

2017年のアプリケーション開発/デプロイメント市場は前年比成長率が6.6%となった。企業のビッグデータに対する取り組みが活性化し、構造化データに加えて非構造化データの管理に対する需要が拡大したことでデータ管理ソフトウェア市場が高い成長となった。

さらにデータの分析や可視化への需要が増加し、データアナリティクスソフトウェア市場も高い成長。この成長は今後も継続し、2017年~2022年のCAGRを6.9%とIDCでは予測する。また、クラウドサービスの利用拡大に伴い、複数のクラウドサービスやオンプレミスシステムとの連携やプロセスの自動化で必要となるインテグレーション/オーケストレーションミドルウェア市場も高い成長になると予測する。

2017年のシステムインフラストラクチャソフトウェア市場は前年比成長率が4.8%となった。働き方改革に向けてセキュアなリモートワーク/モバイルワーク環境の構築のために、バーチャルクライアントコンピューティングとモバイルデバイス管理ソフトウェアの導入が増加し、市場の成長を牽引した。

2017年~2022年のCAGRは3.9%とIDCでは予測。今後はSDN(Software-defined Networks)ソフトウェアとSDS(Software-defined Storage)ソフトウェアの導入が本格化、それに伴いシステム自動化ソフトウェアに対するニーズの高まりが、同市場の成長を促進させる要因になるとみている。

国内ソフトウェア市場予測を発表

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事