KDDIの無料ARアプリ、JANコード情報との連携機能を強化

メディアシークが開発したバーコード/QRコード読取りエンジンを搭載する、KDDIの無料ARアプリ「SATCH VIEWER」がバージョンアップされ、新たに「ものトーク」との連携機能を搭載した。

SATCH VIEWERは、KDDIが無料提供するスマートフォン向け新感覚ARコミュニケーションツール。アプリを使って身近なアイテムをスキャンするだけで様々なARコンテンツを楽しむことができる。また、メディアシークの画像認識エンジンを搭載することでQRコードやバーコードも安定的に素早く読み取ることが可能。

最新バージョンでは、ものトークとの連携機能を搭載し、各商品に印刷されたバーコードをSATCH VIEWERで読み取るだけでものトークのクチコミ情報を手軽に発信・共有できるようにした。

ものトークは、パッケージに商品バーコード(JANコード)が印字された各商品の商品情報やクチコミ情報を手軽に投稿・共有できるコミュニケーションサービス。ユーザーからのクチコミ投稿、商品情報やキャンペーンなど様々な情報を発信・共有できる新たなコミュニケーションスペースとして、レッグウェアに主軸を置くアパレルメーカー、ナイガイのほか多くの企業などが導入している。

メディアシークの画像認識エンジンを搭載するKDDIのARアプリ「SATCH VIEWER」が「ものトーク」連携機能を搭載!

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事