システム性能の品質向上をワンストップで支援

ソフトウェアの品質保証・テストを手掛けるSHIFTは、2018年4月のAiritechのグループ参画に伴い、「システム性能改善サービス」の提供を開始した。SHIFTグループ各社の専門領域とグループ企業ならではの包括的な業務連携を活かした取り組み。

システム性能改善サービスでは、SHIFTが発注元企業の抱えるシステム性能に関わる課題やニーズを把握し、SHIFTグループ間の情報連携、マネジメント業務を実施する。AiritechをはじめとするSHIFTグループ各社が、それぞれの専門領域に注力した業務を行う。

該当するシステム課題の規模や内容に応じて、システムの運用・監視、改善に伴う適切な人的リソースも、SHIFTグループ内で確保。これまで難易度の高いマルチベンダー体制でシステム改善に取り組んでいた多くの企業は、SHIFTに窓口を一元化することで膨大なコミュニケーションコストを削減できるという。また情報のスムーズな連携により、プロジェクト全体の生産性向上が図れる。

2018年4月にグループ参画を発表した、システム性能の改善支援/トラブルシュートサービスなどを専門とするAiritechは、2017年に次世代APM(アプリケーション性能管理)ソフトウェア「Instana」と国内正規代理店としての業務提携を締結した。Airitechは、Instanaが持つシステム性能とシステム構成の包括的な可視化、人工知能(AI)による問題の検出・診断の特徴を、自社のトラブルシュート/システム性能改善と組み合わせたサービスを提供してきた。

今回発表したサービスは、Airitechのシステム性能に関するトラブルシュートへの知見と技術に、SHIFTが得意とする業務プロセス改善やコンサルティングに関するノウハウ、ソフトウェアの品質保証の知見、セキュリティや運用・監視などSHIFTグループ各社の専門技術を融合。グループならではの包括的な情報連携により、ワンストップでサービスを提供するトータルソリューションに位置づけられる。

グループ連携によるトータルソリューション『システム性能改善サービス』の提供を開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事