セキュリティへの不安から、メール送信製品・サービスをリプレース

ITコンサルティング・調査会社であるアイ・ティ・アール(ITR)は、メール送信製品・サービスについてのユーザー動向について調査を行い、調査結果の中からリプレースの予定とその理由について発表した。

今回の調査は、従業員数50人以上で、マーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業、もしくはEコマース・サイトを運営している国内企業においてそれらの製品・サービス導入に関与する人を対象に実施した。

現在、メール送信製品・サービスを導入している企業において、リプレースを予定または検討している企業は約4割となった。中でも、2018年度または2019年度にリプレースを予定している企業は約2割にのぼることが分かった。

メール送信製品・サービスのリプレースを予定または検討している企業にその理由を尋ねたところ、「セキュリティが不安」が22.6%で最も多く、ついで「運用コストが高い」が18.0%で続いている。近年多発するセキュリティ・インシデントから、企業においてセキュリティ意識が高まっていることが伺える。

ITRがメール送信製品・サービスのユーザー調査結果を発表


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事