国内クライアント仮想化市場シェアを発表、IDC

IDC Japanは、国内クライアント仮想化市場に関し、シンクライアント専用端末市場、クライアント仮想化ソフトウェア市場、クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、クライアント仮想化サービス市場、モバイル仮想化ソリューション市場それぞれの主要ベンダーの競合状況を分析し、その結果を発表した。

2017年国内クライアント仮想化ソフトウェア市場は267万5,885ライセンス、前年比12.0%増で、カテゴリー別では、上位からプレゼンテーション仮想化、デスクトップ仮想化(VDI)、アプリケーション仮想化の順となった。

2017年国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場売上額は5,895億円、前年比14.1%増で、ベンダー別では、上位から富士通、日立製作所、NEC、日本ヒューレット・パッカード、IBM、NTTデータの順となった。2017年の国内クライアント仮想化サービス市場売上額は601億円、前年比29.5%増で、ベンダー別では上位から富士通、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)、NTTデータ、NEC、日立製作所、NTTコミュニケーションズの順だった。

2017年の国内シンクライアント専用端末市場の ベンダーシェアは1位から順に、日本HP、デル、富士通、Atrust、日立製作所だった。総出荷台数は、20万4,223台、前年比1.5%減となった。産業分野別出荷台数別シェアでは、中央官庁/地方自治体/教育が18.4%、金融が15.5%、小売が7.2%、ヘルスケアが1.9%、その他(製造/情報サービス/通信など)が57.0%。ヘルスケアとその他のシェアが、昨年より高くなっている。2017年の国内クライアント仮想化ソフトウェア市場のベンダーシェアは、上位3社はマイクロソフト、シトリックス・システムズ、ヴイエムウェアで、総出荷ライセンス数267万5,885ライセンス、前年比12.0%増だった。

「2017年は、自治体におけるインターネット分離/マイナンバー対策需要に加え、金融、製造などの大型案件があり、クライアント仮想化市場はプラス成長となった。2018年は、デジタルワークスペースがさらに革新し、多様な用途/業務への適用が進むであろう。新技術を見極めながら自社環境に適合させることが求められている」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである渋谷 寛氏は述べている。

国内クライアント仮想化市場シェアを発表


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事