SBI損保、証明書類Web取得サービスを導入し利便性を向上

SBIホールディングス傘下のSBI損害保険は、ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発(以下、YSD)が提供する、スマホやPCから本人確認書類やその他必要書類を安全・簡単に提出できる「証明書類Web取得サービス」を導入し、2018年6月27日から自動車保険の契約者向けに提供を開始した。

SBI損保では、これまでにも顧客の手続きの簡易化、ペーパーレス化に積極的に取り組んでおり、サービス向上施策の導入を模索していた。YSDが提供する「証明書類Web取得サービス」は、手続きのためだけに専用アプリをダウンロードする面倒がなく、スマホやPCなどWeb上で必要書類を安全・簡単にアップロードできるサービス。

このサービスを導入することで、導入企業はペーパーレスで提出内容を確認できるだけでなく、不備があった場合の再提出手続き時間を短縮できる。こうした手続きに関わるトータルコスト削減と顧客の利便性向上を実現するサービス特性が、SBI損保の目指す方向性と合致し、導入を決定したという。

このサービスでは、スマホやPCなどWeb上のセキュリティが担保された環境の中で必要書類を簡単にアップロードできるだけでなく、導入企業では、取得後に精査し、不備があった場合には利用者への連携をスピーディに行うことが可能。

本人確認書類や必要書類のコピーを取ったり、書類を郵送したりする手間がなくなる。また、専用アプリをダウンロードすることなく、事前通知するアップロード用のWebサイトで必要書類をアップロードできる。

「PCI DSS」準拠の環境での情報のやり取りにより高いセキュリティが担保されているため、セキュリティ面でも安心して個人情報のデータ送受信ができる。

SBI損保がヤマトシステム開発の「証明書類Web取得サービス」を導入

カテゴリー: 情報通信 , 金融 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事