戦闘機用エンジンのプロトタイプを納入、IHI

IHIは、防衛装備庁から受注し研究試作を行った将来の戦闘機用を目指した推力15トン級ジェットエンジンのプロトタイプエンジン(以下、XF9-1)を瑞穂工場(東京都西多摩郡瑞穂町)において防衛装備庁航空装備研究所に納入したことを発表した。

XF9-1は、世界最先端のコンピュータシミュレーションを駆使した設計技術や、日本が世界に誇る材料技術・加工技術を随所に採り入れた戦闘機用エンジンのプロトタイプエンジン。

IHIは、XF9-1の設計製造に先立ち、将来の戦闘機用エンジンを実現するための研究試作として、2010年度に防衛装備庁から「次世代エンジン主要構成要素の研究試作」を受注した後、世界最先端技術を取り入れた戦闘機用エンジンを提案し、圧縮機・燃焼器・高圧タービンの試作などの要素研究を実施した。

続いて、同社は2013年度に「戦闘機用エンジン要素の研究試作」を受注し、コアエンジンを設計製造し、2017年6月に防衛装備庁航空装備研究所に納入。防衛装備庁航空装備研究所による試験において、コアエンジンの目標である高圧タービン入口温度1,800℃における作動健全性の確認が完了している。

そして、2015年度に「戦闘機用エンジンシステムの研究試作」を受注し、「次世代エンジン主要構成要素の研究試作」で提案した世界最先端技術を、エンジンとしてインテグレートするべく、国内企業の協力も得ながら、コアエンジンをベースとして前部にファン、後部に低圧タービン・アフターバーナ・排気ノズルを装着したXF9-1の設計製造を推進した。その結果、2018年6月に所定の機能性能を満足することを確認して、納入することになった。

将来の戦闘機用を目指したジェットエンジンのプロトタイプ(XF9-1)を納入


カテゴリー: 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事