車内騒音を効果的に低減するデバイスを開発

東洋ゴム工業は、タイヤから乗用車の室内に伝わる音に関する課題を解決する新技術「Toyo Silent Technology(トーヨーサイレントテクノロジー)」に基づき、車内騒音の一つであるタイヤ空洞共鳴音を効果的に低減するデバイスを新たに開発したことを発表した。

乗用車に装着されたタイヤは、内部を空気で満たされた構造物であることから、走行中に路面との接触によって発生するタイヤへの入力が、タイヤ内部の空気に振動を起こし、その振動が車軸を介して乗用車の室内に音(ノイズ)として伝わることになる。

タイヤが外部(路面)からの入力を受け、内部に充填されている空気が振動して発生するノイズは「タイヤ空洞共鳴音」と呼ばれ、車内騒音の一つとされている。例えば、高速道路を走行中、道路の継ぎ目を通り過ぎるときに「パカーン」という音が聞こえるが、これは転動するタイヤに対して道路表面の凹凸が入力され、タイヤの中の空気が振動する現象によって発生するタイヤ空洞共鳴音である。

同社は、ノイズ発生の原因となるタイヤ内部の空気が、実際の車両走行時、タイヤの接地転動時にどのような状態にあるかをシミュレーションによって可視化した。これにより、充填された空気自体がタイヤ内部で「周方向への流れ」と「垂直方向への流れ」を発していることが分かった。

タイヤ空洞共鳴音を低減する方法として、音の吸収効果のある素材を内部に装着するというアイデアがタイヤ業界では先行技術として具現化されているが、今回、タイヤ内部に空気の流れが発生している事実に着目し、空気の流れを活用してノイズの低減を図るという独自アプローチに取り組んだ。

音が穴を通過する際に空気の流れを活用することによって、さらに音の低減効果が高まることから、可視化によって判明した空気の流れの向き(空気の通り道)に多孔フィルムを配置し、発生する音が穴を通る構造を設ける検討を行った。周方向、垂直方向の双方の流れに対応するために、多孔フィルムを「山なり形状」のデバイスとして装着することが、独自考案によるものだという。

また、この山なり形状を保持するために、円筒状スポンジを周上に16基配置。円筒状スポンジの中空構造が音の減衰に効果を持っているため、多孔フィルムとの相乗効果によって、さらなるノイズの低減効果が得られた。

タイヤ空洞共鳴音を効果的に低減する独自デバイスを開発

カテゴリー: 製造 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事