訪日外国人観光客向けの翻訳サービスの実証実験、東京メトロで実施

アドバンスト・メディアは、東芝テックと多言語音声翻訳アプリ「AmiVoice TransGuide(アミボイス トランスガイド)」の実証実験を2018年7月上旬から3カ月間、東京メトロ6駅(上野駅・浅草駅・六本木駅・恵比寿駅・神谷町駅・広尾駅)で開始する。

今回の実証実験は、東京メトロを利用する訪日外国人ユーザーに、より効率的でスムーズな情報伝達を行うことを目的とする。AmiVoice TransGuideを使用し、駅構内における駅係員とユーザーとによる音声翻訳による1対1のコミュニケーションを行う。東芝テックのポータブルプリンタ「B-LP2D」と連携し、翻訳結果をプリントアウトしその場で渡すことで、より正確な情報伝達と案内を行う。

AmiVoice TransGuideは音声認識を活用し、スマートフォンやタブレット端末に日・英・中・韓の4カ国語の翻訳結果を表示し音声合成により、訪日外国人へ向けて行う音声翻訳サービス。使用頻度の高いフレーズをあらかじめ定型文として翻訳リストに登録し、音声認識により翻訳結果のリストを呼び出す機能と、クラウドによるリアルタイム機械翻訳を兼ね備えている。

事前に設定された定型文の翻訳リストを検索・選択することで、誤認識のない正確な情報を伝えられる。また、利用に合わせて自由に定型文の追加・編集ができる。あらかじめ登録しておいた翻訳文は端末内で音声認識処理を行うため、インターネット環境がない場所や、災害時などの避難誘導などでも使用が可能。

訪日外国人観光客サービス対応に向けた多言語音声翻訳アプリ「AmiVoice TransGuide」の実証実験を東京メトロ6駅で開始します


カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事