フィンテック・ロボと連携し、キャッシュフローを即時見える化

資金の流れを重視する、「キャッシュフロー経営」はその指南書が出ているほどに人気が高い。日本では昔から商売の鉄則として、「回収は早く、支払いは遅く」といわれてきた。両手法は通分できるものの、管理項目が多く複雑に絡み合っている前者は、後者ほどに単純ではない。

しかし現代、IT(情報技術)を基盤とするさまざまなツール、会計ソフトウェア/システムがあり、それらを用いて経営の効率化ができるようになっている。さらに近年、金融とITとを癒合させた"フィンテック"が台頭しつつあり、また、AI(人工知能)/ソフトウェアロボットが、"ホワイトカラー"の仕事効率を向上――。ビジネスの質および量がそれらで担保されているなら、経営の視線は"速さ"に向かう。

そこできょう、ROBOT PAYMENTとウイングアーク1stは、両社がそれぞれSalesforce Platform上で展開するクラウドアプリケーションを連携、キャッシュフローのリアルタイム可視化が行えるソリューションパッケージとして提供開始する。金融機関の入金情報と企業に散在するデータを集計し、経理部門や営業部門、経営層の効率化を目標とした「見える化」を実現するという。

同パッケージでは、ユーザーが「請求管理ロボ for SFA」の請求/入金データをもとに、「MotionBoard Cloud for Salesforce」で様々な情報と組み合わせてキャッシュフローを可視化。経営に不可欠な情報を即時把握し、経営課題に迅速な意思決定を下すことを支援する。システム間をつなぐための開発作業などは不要だという。

両社のアプリはそれぞれ、「請求書情報をデータベースに保持し、カード会社や銀行など全国の金融機関から入金情報を取得可能」、「蓄積データを"よりリアルに""より分かりやすく""より美しく"、経営情報としてスピーディに届けられる」といった特長を備えている。

キャッシュフローのリアルタイム可視化ソリューションパッケージを提供開始

カテゴリー: 情報通信 , 金融   

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事