建設現場における四足歩行型ロボット活用の実証実験

大和ハウスグループのフジタと、ソフトバンクロボティクス、ソフトバンクの3社は、建設現場におけるBoston Dynamics社の四足歩行型ロボット「SpotMini(スポットミニ)」の活用に向けて、2018年6月に実証実験を実施したことを発表した。

実証実験では、建設現場におけるSpotMiniを使った巡回や進捗管理、安全点検などの業務への活用の可能性を検証した。今後は、SpotMiniを建設現場で活用するためのデータを収集し、センサーやカメラなどを搭載したモジュールなどの開発を行い、2019年夏以降の本格活用に向けて準備を進めていく。

建設業界では、高齢化した技能員、施工管理者の大量離職に加え、新規入職者の減少による将来的な建設就業者不足が課題となっている。また、ここ数年の堅調な国内建設投資に加え、今後は社会資本ストックの老朽化に伴う維持管理・更新も予測されており、建設現場での革新的な生産性向上や業務効率化を進めていく必要があるという。

3社は、実証実験を通して、建設現場でのロボット活用の効果を検証し、建設業界における生産性向上や業務効率化に寄与することを目指す。

フジタ、ソフトバンクロボティクス、ソフトバンクの3社で建設現場におけるBoston Dynamics社の「SpotMini」の活用に向けた実証実験を実施

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事