モノづくりの生産性と品質を飛躍的に向上させるサービス

オムロンは、製造現場のデータを基に顧客と共創することでモノづくりを革新する、現場データ活用サービス「i-BELT」の第1弾として、「設備の異常予兆監視サービス」を2018年7月から開始する。

i-BELTとは、AI搭載コントローラーを軸に、20万種に及ぶ制御機器に加え、「i-BELTパートナー」各社の多彩な入出力機器を組み合わせ収集したデータを分析、その結果を制御アルゴリズムに変換し機械の制御に戻すことで、モノづくり現場の知能化を推進する同社独自のデータ活用サービス。

今回発表した設備の異常予兆監視サービスは、製造設備の異常動作につながるデータを収集しオムロン独自の分析技術を用いて解析することで、早期に異常を発見し設備の安定稼働や製品の品質向上を継続的に支援し続けるサービスだ。

マシニングセンタなどの加工機や破損の多いベアリングを有する製造設備を対象に、保全業務の熟練技能者が持つ「匠の技」を超える設備診断技術により、設備のいつもと違う状態を検知する。

これにより、設備の異常動作による品質不良を未然に防止すると共に、突発的な故障を防ぎ、設備の停止時間を最小化する。なお、このサービスは、設備の異常予兆を監視し突発的な生産ラインの停止を防止する方策として、既に複数の企業が先行導入している。

このサービスでは、現地調査に基づく最適なセンシング機器の選定、設置方法の検証が可能。システム設計・構築、初期設定、ユーザートレーニングを実施する。分析結果に基づく安定稼働の判断基準値(しきい値)を提案したり、異常検知時の警告アラートを設定できる。今後、蓄積データの分析による継続的な予兆検知基準の精度向上が図れる設備の監視・稼働分析サービスを提供する予定。

オムロンは、i-BELTの第1弾となる今回のサービスを皮切りに、製造現場の課題解決に直結するサービスを拡充していく。

i-BELTサービス第1弾「設備の異常予兆監視サービス」開始


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事