医療機器のリモート監視システムを提供開始

日本光電は、使用している医療機器の状態を常に見守る医療機器リモート監視システム「MD Linkage(エムディーリンケージ)」のサービスを開始したことを発表した。

MD Linkageは、現在販売中の全自動血球計数器「MEK-9100 セルタックG」、新発売の全自動血球計数・免疫反応測定装置「MEK-1303 セルタックα+」向けの新しいサービス。機器に接続したMD Linkage通信ボックスから、機器の稼働情報をサーバに自動送信することで、同社のコールセンターにおけるリモート集中監視を可能にした。

同社のコールセンターでは、機器の異常・故障を検知した場合や予防保守が必要と判断した場合には、ユーザーに電話で状況を確認。また、点検・修理が必要な場合には、全国約70カ所の現地フィールドサービスと連携し、迅速かつ的確に対応することで、機器のダウンタイム削減に貢献する。

このサービスは、同社が提供する豊富な保守点検プランに含まれるサービスの一つ。将来的には、本サービスに対応する機器のラインアップを増やす予定。また、蓄積したデータを活用し、サービスのさらなる充実を目指す。

医療機器リモート監視システム MD Linkage サービス開始


カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事