設計、テスト、解析の効率向上を実現するUSB型計測プラットフォームを発表

キーサイト・テクノロジーは、設計のあらゆるフェーズで、再現性と一貫性のある結果を保証する新しい計測プラットフォーム「Streamlineシリーズ」を発表した。

Streamlineシリーズは、小型のUSB計測器で、キーサイトの技術、測定アルゴリズム、アプリケーションソフトウェアを活用したベクトルネットワークアナライザ(VNA)、オシロスコープ、IQ信号任意波形発生器(IQ AWG)などが含まれる。

USB接続でPCから制御できるため、テストベンチのスペースを節約し、部署間で簡単に共有できる。ラックのサイズが小さいため、設計検証や軽工業用アプリケーションの手動テストや半自動テストに最適だという。

同シリーズには、3つのモデルがある。

P937xA USBベクトルネットワークアナライザ(VNA)は、最大26.5 GHzの周波数帯域を備えたコンパクトな2ポートVNA。アンテナ、フィルタ、デュプレクサなどのパッシブデバイスのテストに最適な設計となっている。ホストPC上で動作するユーザーインタフェースは、同社の最新ベンチトップ型VNAと同じものを使用している。

P924xA USBオシロスコープは、高度なトリガ、迅速な波形更新速度、ゾーントリガなどの機能とともに、オシロスコープとして十分な測定機能を提供。ユーザーのPC上で、同社のInfiniiVisionインタフェースと一緒に使用することで、慣れ親しんだベンチトップ型オシロスコープと同じ見た目と使い勝手を実現する。

P9336A USB IQ信号 任意波形発生器(IQ AWG)は、キーサイト独自のTrueform波形発生機能を使用し、16ビット分解能で帯域幅が最大540 MHz、最大4 GBオンボードメモリを内蔵。無線機器の広帯域信号を用いた送受信試験などのアプリケーションで使用できる。

キーサイト・テクノロジー、設計、テスト、解析の効率向上を実現する新しいUSB計測プラットフォームを発表


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事