建物の情報モデル、施設管理、環境IoTをまとめてサービス提供

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代に入った今、センサーなどからのデータをネット経由で集積・分析するニーズが高まっている。IoTの活用は多彩な産業、ヘルスケア医療分野にも広がりつつある。

今春、IoT環境センサーと建物3次元モデルを連携させた日本初の建築マネジメントシステム「BuildCAN」を構築した安井建築設計事務所が、これをサービスとして開始した。大学と共同開発した建築情報管理システムをベースに空間の快適性やエネルギー低減のための環境管理機能をプラスしたものだという。BuildCANの管理対象は清掃・修繕・改修・保守点検等の履歴、そして施設内の照度・温度・湿度・CO2など――

環境データの監視と分析、仕上材料や設備機器情報、図面や連絡網なども対象にして、これらをクラウド上でバーチャル建築モデルと有機的にリンクさせて建物の現状や経年変化をとらえていく。しくみを創った同事務所と、BPOでビルディングインフラサービスを展開するトランスコスモスと、BIM(建物の3Dデータモデル)活用ソリューション等を保有する応用技術の3社は、施設マネジメント・ワンストップサービスを本日より提供する。

ビルオーナー・ビル運用会社などに向けて、安井建築設計事務所がクライアントの様々な要件を整理して全体をマネジメントし、応用技術はよりきめ細かく対応するためのシステムカスタマイズサービスを提供。トランスコスモスが施設モデルの2次元から3次元への初期データ移行やデータの維持・更新を行う。さらにデータ分析結果から今後の施設投資に関するコンサルティングサービス等を同事務所が提供する。

一般的な2次元データ(CAD)や紙図面等からもデータ・モデル化して活用できるため、既存の保有施設ごと柔軟に対応可能となる。BuildCANを基盤にした今回のワンストップサービスは来週27日、Webセミナーで詳しく紹介される。

ビルオーナー・ビル管理会社向けにICTによる施設マネジメント・ワンストップサービスの提供を開始

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事