工場の生産設備の状態を可視化し、故障予兆を検知

KDDIは、法人企業向けに工場の生産設備の状態を可視化し、故障予兆を検知するサービス「KDDI IoTクラウド ~工場パッケージ~」の提供を2018年8月上旬に開始する。センサーの設置からデータの可視化、故障予兆検知までをワンストップで提供する。

KDDI IoTクラウド ~工場パッケージ~は、工場内の装置にセンサーを取りつけて、工場の生産設備の状態をデータとして収集し、それらのデータを分析することで故障予兆の検知からアラート通知までをワンストップで提供するサービス。これにより、点検に関わる作業工数の削減によるコスト削減や、設備故障を未然に防ぐことによる生産性向上などが期待できる。

また、ARISE analyticsが提供するアプリケーション「ARISE Intelligent Factory - ARISE Predictive Maintenance」を使用することで、生産設備の状態を可視化するだけでなく、生産設備ごとに正常もしくは異常状態を把握するための最適な分析モデルを、人工知能(AI)による機械学習を活用して独自に作成し、作業員の判断によらない生産設備の故障予兆を可能にする。

工場内の装置にセンサーを取りつけることで、生産設備の状態を可視化。センサーは、「レベルセンサー」「流量センサー」「電流センサー」「温度センサー」「振動センサー」の取りつけが可能なため、様々な状態を把握できる。

センサーから取得したデータをもとに、生産設備ごとに正常もしくは異常状態を把握するための最適な分析モデルを作成することで、作業員の判断によらない高度な生産設備の故障予兆を検知する。

また、センサーの選定や設置工事、回線手配から生産設備状態の可視化や分析までKDDIがサポートする。

同サービスは、基本セットと簡易分析オプション、高度分析(AI)オプションなどで構成する。基本セットは、工場内の装置にセンサーを取りつけてクラウド上にデータとして収集・蓄積することで、生産設備の状態を可視化。また、作業者が任意に設定した閾値が超過した場合はアラート通知する。

簡易オプションでは、ARISE Intelligent Factory - ARISE Predictive Maintenanceの分析エンジンにより、センサーから取得した情報をもとに分析モデルを自動で作成。複数作成された分析モデルの中から、データ分析者が最適な分析モデルを選定し、分析モデルによって異常と判定された場合はアラートを通知することで、設備の故障予兆を早期に発見に役立てられる。

高度分析(AI)オプションでは、自動作成された分析モデルをAIが継続して最適化します。ユーザーのフィードバックを基に分析モデルを更新し、設備の故障予兆精度を向上させる。

サービス提供価格は、振動センサーが月額1個当たり6400円から。別途、クラウド使用量として1ID当たり5万円となっている。

工場の生産設備の故障予兆を検知する「KDDI IoTクラウド ~工場パッケージ~」の提供を開始


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事