アプリケーションへの脅威を見える化する新サービス、アズジェント

セキュリティ・運用管理ソリューション事業を手掛けるアズジェントは、米Arxan Technologiesのストラテジックディストリビュータとして同社のモバイルアプリケーションクラッキング対策ソリューションと連携し、アプリケーションへの脅威を見える化する「Arxan Threat Analyticsサービス」の提供を開始する。

ArxanのThreat Analyticsサービスは、企業が展開中のモバイルペイメントやスマートキーなどのアプリケーションへの攻撃が実行されていく状況を可視化する。同社のマルチレイヤーアプリケーション保護と統合して、アプリケーションへのクラッキングをリアルタイムに検知する。アプリケーションが攻撃されたその日に「"誰が、どのように、どこから」攻撃されているのかを把握し、さらに発生している国や地域、時間、頻度などを把握することで包括的なアプリケーション保護ソリューションを企業に提供する。

Arxan Threat Analyticsでは、アプリケーションが動作している環境の脅威を迅速に把握し、アプリケーションへの攻撃が検出された場合に適切な是正措置を講じることができる。セキュリティインシデント機能として、アプリケーションの保護が機能しているか、誰がどのアプリケーションに危険を及ぼしているか、どのように攻撃されているのかなど、アプリケーションセキュリティの状況を把握する認識力を提供する。

また、Arxanによって保護されている10億以上のアプリケーションから収集される匿名化されたアプリインテリジェンスデータによって、攻撃動向を独自かつ早期に理解し、脅威の状況を事前に予期し、積極的に処理できるように支援する。さらに、Arxanの脅威専門家チームのアドバイスにより、適切な対策を迅速に講じられるという。

アズジェントは、Threat Analyticsサービスの提供を2018年7月に開始。価格はオープンプライスで、初年度20社の販売を目指す。

アズジェント、モバイルアプリケーションのクラッキングに対して脅威分析を行うArxan Threat Analyticsサービスを提供開始


カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事