O2Oアプリが地域活性化、地方創生に一役

GMOデジタルラボとサイネックスは、地方創生施策に活用できるO2Oプラットフォームアプリ「わが街サーチ」を共同開発し、提供を開始した。O2Oとは「Online to Offline」の略で、インターネット上の情報やサービスを活用し、実店舗への送客を促進すること。

わが街サーチは、全国各地の各店舗の情報やスタンプカード・クーポンなどを、一つのアプリに集約できるO2Oプラットフォーム型のアプリ。

店舗や自治体は、アプリ制作の専門知識がなくても、簡単にアプリ内に店舗専用のページを作成できるため、各店舗におけるO2O施策への活用に加えて、近隣地域の店舗情報が充実することで地域活性化、地方創生が期待できる。

また、アプリストアの審査が不要のため、速やかに店舗情報を公開することが可能。さらにプッシュ通知や予約機能をはじめ、クーポンや来店スタンプ/ポイントといった、ユーザーの来店促進につながる基本機能を備えている。アプリを通じて収集したデータの活用による顧客の行動分析ならびに販促支援、スマートフォンでの決済システムの導入にも対応しているという。

GMOデジタルラボでは、導入が期待できる具体的な業種として、理美容、エステ、飲食店、小売店、教育機関、クリニック、歯科医、病院といった各店舗・施設を想定している。また、商店街や大学、地方自治体のイベントでの導入などにも対応可能だという。

GMOデジタルラボ×サイネックス共同開発 地方創生に貢献するO2Oプラットフォーム型アプリ「わが街サーチ」を提供開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事