3時間先までの雨雲レーダーをアプリで配信、ウェザーニューズ

ウェザーニューズは、降水分布を高解像度で解析・予測する短時間予報解析モデルを新たに開発し、iOS/Android版アプリ「ウェザーニュースタッチ」で提供開始したことを発表した。

ウェザーニューズによると、一般的な雨雲レーダーや降水予測は、30分より先の降水分布については1kmメッシュでしか予測できないが、新たな予測モデルを導入したウェザーニュースタッチでは、3時間後まで250mメッシュと予測時間の延長・高解像度化を図ったという。

今回、同社はウェザーニュースタッチに降水分布を高解像度で解析・予測する新たな短時間予報解析モデルを導入した。予測モデルは、実況解析では気象庁の実況観測データや衛星画像を取り込み、さらに独自観測機による観測データや、ウェザーニュース会員から寄せられる実況報告でリアルタイムに評価を行うことで、データを補正する。

予測においては、降水域の移動ベクトルを抽出し、そのベクトルから3時間先までの降水のシミュレーション予測を実施する。今回、独自開発したこのシミュレーション予測には、既存のモデルで上手く表現されなかった地形効果による雲の発達や衰弱、速度変化が反映されているという。より予測技術者の思考結果に近づくように、独自のAI技術を利用することで実用化を可能にした。

同社では、1時間より先の降水分布も10分間隔で予測できるので、夏のゲリラ豪雨など局地的かつ突発的な現象も、予報をより正確に行えるようになると説明する。

業界初!250mメッシュ/3時間先までの雨雲レーダーをアプリ「ウェザーニュースタッチ」で配信開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事