NXP、パートナー企業との詳細なサポート計画を発表

NXP Semiconductors(NXP)は、パートナー企業とともにエンタープライズ、産業機器、小売り、通信事業アプリケーション向けアプリケーションのために同社のArmベースプラットフォームをサポートする詳細な計画を発表した。

NXPとパートナー企業は、エッジコンピューティング向けのセキュアインフラの導入を可能にする。これにより、クラウド展開されたセキュアなエッジ・プロセッシングと、急成長中の人工知能(AI)と機械学習推論をサポートする。

例えば、EdgeScaleは、ネットワークのエッジでセキュアコンピューティングリソースのプロビジョニングを簡素化する。NXPはパートナー企業との協力により、スケーラビリティ、セキュリティ、容易な導入によって、IoT(モノのインターネット)とオンプレミスプラットフォームのセキュアな導入と管理を可能にしている。

こうしたパートナー企業は、クラウド接続性とともにローカルプロセッシングを必要とする広範なアプリケーション向けに、NXPの「Layerscape/i.MXアプリケーション・プロセッサ・ファミリ」をベースとした製品を開発している。これらのプラットフォームはコンピューティング、コネクティビティ、ストレージの最適バランスを提供し、エンタープライズ/産業機器環境下での動作に最適だという。

NXPのEdgeScale技術に加え、「Docker」や「Kubernetes」のオープンソースソフトウェアの活用により、これらのプラットフォームは「AWS Greengrass」「Google Cloud IoT」「Microsoft Azure IoT」「Alibaba」などの一般的なクラウドからプライベートクラウドまでの多様なエッジアプリケーションの運用を可能にする。

NXPのSoCは組み込み/汎用コンピューティングや、世界の人々をつなぐネットワーキング/通信インフラで使用されるセキュアで高性能な低レイテンシプラットフォームを提供するという。

NXP、エコシステム・パートナーとともにセキュアなエッジ・ソリューションを促進

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事