AIを活用した議事録作成支援ソリューションを提供

オカムラは、日本アイ・ビー・エム(IBM)と協業し、AI技術の「IBM Watson」を活用した議事録作成支援ソリューション「TalkView(トークビュー)」を2018年6月より提供開始します。

TalkViewは、IBM Watsonの音声認識サービスを活用した議事録作成支援ソリューション。9カ国語に対応する音声認識サービスは、IBMクラウド経由でアクセスすることで会議での音声をリアルタイムにPCの画面上にキャプション表示する。

議事録作成の工数が削減されるだけでなく、例えば複数の場所から参加者が発言する遠隔会議では、音声が聞けない状況でも会話の流れを追うことができ、途中参加でもそれまでの履歴を含む会議内容が表示されるなど、参加者の利便性が図れる。

また、言語変換サービスを活用することでキャプション表示した内容を即時に11カ国語に自動翻訳することが可能となり、海外とのコミュニケーション品質も向上するという。TalkViewはIBMクラウド経由で提供されるため、場所を問わず必要な時間に簡単に利用可能。

今回、オカムラの提供するオフィス家具と組み合わせて提案することで、会議におけるコミュニケーション効率化や働き方改革を支援する。

オフィスをはじめとした様々な施設へ機能性と快適性を追求した製品とサービスを提供するオカムラは、「人を想い、場を創る。」というコーポレートメッセージのもと、最適な空間を提案している。先進的なAI技術を活用した議事録作成支援ソリューションを提供することで、会議室におけるお客様同士のコミュニケーションをより効率的かつ効果的に支援していく考え。

日本IBMと協業しAIを活用した議事録作成支援ソリューションを提供

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事