ネットワーク仮想化環境の包括的なセキュリティ対策が可能に

トレンドマイクロは、ネットワーク機能の仮想化(NFV:Network Functions Virtualization)環境で動作し、ユーザーに安全な通信サービスの提供を実現する新製品「Trend Micro Virtual Network Function Suite(以下、TM VNFS)」を2018年8月下旬に提供することを発表した。

TM VNFSは、NFV環境で動作する、ネットワーク機能を実現するためのソフトウェアパッケージであるVNF(Virtual Network Function)として、包括的なネットワークセキュリティを提供。今後、通信事業者やサービスプロバイダー、クラウド事業者などを対象に製品を提供する。

TM VNFSは、細分化された様々なネットワークセキュリティ機能を仮想マシンベースのセキュリティソフトウェアとして通信事業者が運用するNFV環境に実装。ネットワーク上に配置されたセキュリティ機能は、利用者の通信サービスの利用状況(利用アプリケーション、利用デバイス、通信量など)やセキュリティの脅威状況に応じて必要なセキュリティ機能を適切なタイミングで利用者に提供することが可能になる。

TM VNFSでは、侵入防御、Web脅威対策、アプリケーション制御、異常通信検知、デバイス特定、IoT脅威対策、ネットワーク利用制限などの機能を利用できる。

通信事業者は、提供サービスに応じて適切なセキュリティ機能を必要なときに、必要なだけ動的にユーザーに提供できる。これによりネットワークサービスに必要となるセキュリティ設備への投資を最適化することが可能になるという。

また、通信事業者はTM VNFSとDPDK(Data Plane Development Kit)などのネットワーク高速化技術を組み合わせることで、安全性と高速化を担保した通信サービスを提供できると同社は説明する。

通信事業者が提供するネットワークサービスのユーザーは、セキュリティ対策機能付きのサービスを利用することで、IoTデバイスに代表されるようなセキュリティソフトを導入できないデバイスへのセキュリティの担保など、安全なデバイスの利用が実現するとともに自身のセキュリティ対策の負荷の軽減が図れる。

NFV環境のセキュリティを動的に実現する「Trend Micro Virtual Network Function Suite」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事