DNP、「本人認証・本人確認アプリ」のサービスを拡張

大日本印刷(DNP)は、エヌ・ティ・ティ・データ(以下、NTTデータ)と、金融サービスのセキュリティ性と利便性を向上させるDNPの「本人認証・本人確認アプリ」と、NTTデータの金融向けクラウドサービス「OpenCanvas」とAPI接続することを基本合意した。横浜銀行が利用を予定している。

DNPは、金融サービスのセキュリティ性と利便性の向上を目指し、決済口座登録や郵送などによる本人確認書類のやり取り、複数のパスワード管理等の負荷軽減を行うために、顔認証機能などを持つ本人認証・本人確認アプリを提供している。

同アプリとオープンAPI(Application Programming Interface)を活用した他のサービスとの連動について、金融機関の基幹システムベンダーと検討を進める中で、今回、OpenCanvasとの連動が決定した。利用サービスの内容に合わせて、複数の認証手段を組み合わせ、最適な認証を行うことでセキュリティ性を向上させていく。

その第一弾として、横浜銀行のアプリでの利用を予定している。取引時の不正利用やなりすましの防止に活用する。同アプリで事前に登録した運転免許証、またはマイナンバーカード券面の顔写真とスマートフォンで撮影した顔写真との照合に加え、横浜銀行の勘定系のデータも照合。高いセキュリティレベルの本人認証を行うという。また、口座保有者自身の操作だけで、すぐに本人確認ができる利便性の高いサービスを提供する。

DNPでは、オープンAPIを活用した各システムベンダーとの連動を進め、金融機関の口座保有者に対して、非対面での本人認証と本人確認の機能を提供していく。また、今まで培ってきた情報セキュリティ基盤をベースに、利用者のセキュリティと利便性の向上と、金融機関の事務の効率化を実現し、認証プラットフォーム事業を拡大していく計画。

「本人認証・本人確認アプリ」で口座保有者向けにサービスを拡張


カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ , 金融   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事