EVにより電力需給のバランスをとる、実証実験はじまる

電気自動車(EV)について、世界が注目している。その理由はEVが過去の業界地図を塗り替え、その研究開発および普及がエコロジー(自然環境保護)に直結しているためだろう。大気汚染対策を進める中国は"EV推進"に熱心であり、最近、充電規格の統一で日本との協力を約束した。

EVには、電力源としての役割も期待されている。日本ではいま、町に散在する小さな発電施設をネットワーク化して仮想の発電所にする「バーチャルパワープラント(VPP)」が研究されている。ふだん需要家側にある屋上の太陽光発電パネルや、裏庭の燃料電池、企業の非常用電源等をVPPとして、災害時などに電力を供給する。このしくみに、近ごろ存在感の増しているEVが加わる――。

きょう、九州電力、電力中央研究所、日産自動車、三菱自動車工業、三菱電機の5社は、EVを電力需給の調整に活用するため、EVから電力系統へ電気を供給するV2G(Vehicle to Grid)技術の実証試験を開始すると発表した。通常のEVへの充電に加え、EVに蓄電された電力を電力系統に放電することにより、電力の需給調整への活用の可能性を検証するものだという。

V2Gは、急速に導入が拡大している太陽光発電等の再生可能エネルギーに対する新たな調整力としての活用が期待されていて、低炭素社会の実現に繋がる取り組みとして、今回、次の内容で実証試験を実施する。期間は平成30年6月~

・ V2G機能を有する充放電ステーションの構築及び機能検証
・ V2Gシステム(充放電制御量の指令や実績受信等)の構築及び機能検証
・ EVの充放電制御量に関するポテンシャル評価、検証

この実証試験の一部については、経済産業省資源エネルギー庁の「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業金」(執行団体:一般社団法人 環境共創イニシアチブ)を受けているとのことだ。

電気自動車を電力の需給バランス調整に活用するための実証試験を開始します -再生可能エネルギーに対する新たな調整力として期待-

カテゴリー: 自動車 , エネルギー   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事