TIS、製薬業界向けサービスを拡張

TISは、製薬業界向けソリューション「Medical Drive」のITプラットフォーム領域のサービスに、「リアルワールドデータトータルサービス」と、コンピュータ化システムバリデーション適用を支援する「RPA CSV適用サービス」の2つの新メニューを追加した。

リアルワールドデータ トータルサービスは、ライフサイエンス業界で活用が期待されるリアルワールドデータの解析環境をクラウドサービスとして提供し、活用コンサルティングから解析業務支援も含めてトータルで提供するサービス。

このサービスを活用することで、製薬企業はリアルワールドデータの解析環境を新たに構築することなく、スモールスタートでリアルワールドデータの解析が可能となるという。

RPA CSV適用サービスは、RPAの適用が進む中でも課題となる、CSV適用が必要な「GxP」領域において、TISのノウハウを基にCSVの適用を支援する。このサービスを活用することで、RPA適用効果が高いと予想される定型業務が比較的多いGxP領域の業務に対して、RPAにより効率化を促進することが可能にする。

TISでは、リアルワールドデータトータルサービスとRPA CSV適用サービスを「Medical Drive」の業界横断型ソリューションである「Medical Drive Platform」の新メニューとし、業務領域からITプラットフォーム領域までのワンストップサービスを提供する。メニュー強化したMedical Driveを製薬企業向けに展開し、2019年度末までに新たに20件の導入を目指す。

TIS、製薬業界向けソリューション『Medical Drive』のITプラットフォーム領域に2つのメニューを追加


カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事