AI技術を活用したiDeCoチャットサポートサービスを開始、楽天証券

楽天証券は、楽天証券LINEアカウント上で、人工知能(AI)技術を活用した個人型確定拠出年金(iDeCo)専用チャットボットサービス「AIチャット(ベータ版)」の提供を開始した。iDeCoの問い合わせを24時間受け付ける。

AIチャットは、iDeCo加入までの手続きやスケジュール、節税のシミュレーションなど、一般的な問い合わせ内容に対して、最適な返答を自動で行うチャットサポートサービス。ユーザーのLINEアカウントに、楽天証券公式LINEアカウント「@rakutenseurities」を友だち追加して無料で利用できる。iDeCoの疑問を解決できるようにした。

AIチャットのAIエンジンにはアイフォーカス・ネットワークが開発した「Qlofune(クロフネ)を採用。Qlofuneは、事前に学習した内容から自動で知識を構築し、回答の精度を高めることができ、語彙や対話機能の拡張、外部管理を容易に行えるという。

楽天証券では、2017年1月からiDeCoの取り扱いを開始し、iDeCo専用ダイヤルの時間拡張や土曜営業など、サポート体制を継続的に改善している。チャットサポートサービスの開始により、コールセンター営業時間外でも質問を受け付けることができるようになった。

楽天証券、AI技術を活用したiDeCo専用チャットボットサービスの運用を開始


カテゴリー: 情報通信 , 金融 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事