シングルサインオンサービスの管理が容易になる新機能

インターナショナルシステムリサーチ(ISR)は、ISRが提供するシングルサインオンサービス「CloudGate UNO(クラウドゲートウノ)」とサイバートラストが提供する「サイバートラスト デバイス ID」を連携し、新機能「secured by Cybertrust」として提供を開始した。

サイバートラスト デバイス IDは、日本企業のセキュリティポリシーに欠かせない端末管理の要件を実現するサービス。企業が許可したPC・スマートデバイスのみにデバイスIDを配布・インストールすることが可能なため、私物端末など許可されていない端末からの企業リソースへの不正アクセスを防ぐ。

今回のsecured by Cybertrust機能のリリースにより、CloudGate UNOの管理者サイトからデバイスIDの発行・配布、失効までをワンストップで運用できる。企業の管理者は複数の管理画面での操作が不要になり、メンテナンス時の負荷軽減が図れる。

また、強固なアクセスセキュリティを手間かけずに実装できるという。「G Suite」や「Office 365」をはじめ、様々なクラウドサービスへのアクセスをデバイスIDがインストールされている端末のみに限定できる。

これまでCloudGate UNOでデバイスIDを利用する場合は、別途サイバートラストからデバイスIDを購入する必要があった。今回の両社の協業強化により、今後はISRがデバイスIDの販売も代行する。ユーザーは、CloudGate UNOとデバイスIDをISRから一括購入できる。購入先窓口が一本化されることで、企業の購買担当者のメリットにもつながると同社は説明する。

CloudGate UNO、サイバートラスト デバイス ID と連携した新機能を提供開始


カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事