消防隊員の安全性を高めるスマートマスクを開発

グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ傘下の国際航業は、最先端ICT技術を活用して消防隊員の救助活動を見える化し、消防隊員の安全性を高めるスマートマスクの共同開発に参画していることを発表した。

スマートマスクは、内蔵されたウェアラブルグラスのディスプレイ上に「後方に控える隊長からの指示」「赤外線カメラの映像」「空気呼吸器の残量」「突入からの時間経過」「方位」などの情報を表示できる。

ディスプレイ上に映し出される災害現場の情報をリアルタイムに共有することで適切な判断が可能となり、災害救助活動の支援と消防隊員の安全を実現する。スマートマスクの開発は、日本消防設備安全センターが事務局を務める「G空間情報を利活用した救助システムおよび消防活動に関する検討会」参画企業と国際航業によって共同で行われ、国際航業はウェアラブルグラスを利用したアプリケーションの開発経験を活かし、スマートマスク上で稼働するアプリケーションおよびタブレット端末側のアプリケーションの開発を担当した。

今回、スマートマスクのプロトタイプ版の開発が完了した。今後は、実用化に向けた性能試験および耐久試験を実施し、早期の製品化を目指す。日本アジアグループは、社会課題の解決につながる製品やサービスの販売に注力する。

最先端 ICT 技術を活用して消防隊員の救助活動を見える化するスマートマスクの共同開発に参画

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事