お風呂を出る最適なタイミングを通知するロボット、博報堂が開発

博報堂は、ユーザーの嗜好と体調に合わせてお風呂を出る最適なタイミングを通知するIoTロボット「fuuron(フーロン)」を開発した。最適な入浴環境をお知らせして健康管理につなげる効果が期待できるという。

fuuronは、搭載している温度センサーとタイマーセンサーが湯温と入浴時間を計測して、湯温が高過ぎたり、低過ぎると内蔵のLEDが点灯し、お風呂を出る時間になると点滅して通知する。

お風呂研究の第一人者である東京都市大学の早坂信哉教授の監修のもと、様々な「モード」を設定できる点が特徴。例えば、「美肌モード」を設定すると、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間を通知する。その他にも「美肌モード」「花粉症モード」「ダイエットモード」など、ユーザーの嗜好と体調に合わせた設定が可能。

また年々増加する、高齢者を中心とした入浴事故を防ぐための「見守り機能」を備えている。高齢者がロボットを長時間湯船に浮かべた状態が続くと、高齢者に何かあったと認知して、遠隔の近親者のスマートフォンに警告が送信される。

さらにユーザーは、入浴した実際の温度や時間のデータをログとしてスマートフォンで管理し、毎日の健康管理に役立てることができる。

fuuronによって得られた入浴のログデータは、東京都市大学、東海大学がクラウド上で収集。博報堂は収集されたデータを両大学と協働して入浴実態の解析を行い、より良い入浴環境についての情報発信につなげる計画。

博報堂、お風呂のIoTロボット「fuuron」を開発

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事