テルモ、TCI対応スマートポンプを発売

テルモは、「テルフュージョンシリンジポンプSS型3TCI」(以下、シリンジポンプSS型3TCI)の販売を開始した。希望小売価格は52万円で、2018年度にスマートポンプシリーズ全体で8億円の売り上げを目指す。

シリンジポンプSS型3TCIは、全身麻酔薬をTCIという血液中の薬剤濃度を調節する方法で投与するシステムを搭載したシリンジポンプ。テルモが2001年に発売した「テルフュージョンTCIポンプTE-371」のリニューアル製品で、新しい国際規格に対応すると同時に使いやすさと安全性に寄与する機能の充実を図った。

シリンジポンプSS型3TCIは、液晶画面は大型でカラー化され、内蔵バッテリーの連続使用時間は約8時間と従来比4倍になった。また、TCIモード、mg/kg/hモード、薬剤ライブラリモード、mL/hモードなど用途・薬剤で選べる投与モードを利用できる。さらに視認性に配慮したカラー画面と多彩な表示が可能。

同製品は、2012年からテルモが販売している輸液システム「スマートインフュージョンシステム」(スマートポンプ)の一つとして、薬剤量の設定間違い防止に役立つ薬剤ライブラリ機能、業務効率化につながる病院内IT連携機能などを備えている。

テルモ、TCI対応スマートポンプを発売 カラー画面とIT連携でより安全な麻酔管理へ

カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事