AI・IoTを活用した子ども見守りサービス、中部電力

中部電力、ビーサイズ、NTTコミュニケーションズは、AI・IoTを活用した子ども見守りサービス「どこニャン GPS BoT」の提供を開始した。

どこニャン GPS BoTは、専用のIoT端末を携帯する児童の現在位置情報や1日の行動履歴を、離れた場所にいる保護者にスマートフォンのアプリケーションを通じて正確かつリアルタイムに通知するサービス。また、学校や塾など児童がよく行く場所をAIが自動的に学習することで、登下校や帰宅のタイミングをPUSH通知で知らせる機能も搭載している。

中部電力はこれまで、学校連絡網や防災・防犯情報などを通知する「きずなネット」を通して、暮らし安心情報サービスを提供してきた。今回、きずなネットに加えて、どこニャン GPS BoTを提供することで、地域住民の暮らしの安心に一層貢献できると考えている。

どこニャン GPS BoTの端末価格は4,800円で、月額サービス利用料は480円(いずれも税別)。中部電力のWebサイトから2018年8月31日までに申し込むと、特別キャンペーン価格で購入できる。

中部電力、ビーサイズ、NTTコミュニケーションズは、今後も引き続き、AI・IoTなどの先端技術を活用することで、地域住民とのつながりや信頼関係をより強めるとともに、新たな価値を共創および提供していく考え。

AI・IoTを活用した子ども見守りサービス「どこニャン GPS BoT」の提供開始について


カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事