IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボードを発表

ソニーは、IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」(スプレッセンス)のメインボードと拡張ボードの2点を商品化し、2018年7月31日に発売を開始することを発表した。

今回発表した製品は、ソニーが培ってきた高性能なGNSS(Global Navigation Satellite System)受信機や高音質なハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応のオーディオコーデックなどを内蔵したマルチCPU構成採用の独自のボード。

これらのボードを組み合わせてアプリケーションを開発することで、ドローンやスマートスピーカー、センシングカメラなどのIoT端末向けに、様々な用途のシステムを構築できるという。この製品のソフトウェアならびにハードウェアの技術情報をオープンプラットフォームとして一般ユーザーにも広く公開することで、幅広いアプリケーション開発を可能とし、市場の拡大を図る。

今後、拡大するIoT市場において、位置情報と音声入出力機能は、ますます重要になることが見込まれる。メインボードは、6個のCPUを搭載したマルチコア構成を採用することで、個人でも容易に高性能で汎用性の高いアプリケーションの開発を可能とするスマートセンシングプロセッサ搭載ボード。

例えば、GNSS測位技術と高機能プロセッサを活用して飛行制御を行うドローン、音声で操作するスマートスピーカー、低消費電力のセンシングカメラなどのIoT端末や、各種センサーと組み合わせた工場の製造ライン異常を検知するシステムなどに利用できる。

メインボードに組み合わせて使用できる拡張ボードは、ヘッドホン端子やマイク端子、SDカードスロットを備えており、録音・再生などを行うオーディオアプリケーションの開発に活用できる。また、メインボードのI/O電圧を1.8Vから3.3Vもしくは5.0Vに変換が可能なコネクターを備えており、オープンプラットフォームに対応した一部の汎用拡張基板を接続、活用できる。

ソフトウェアならびにハードウェアの技術情報は「Sony Developer World」SPRESENSE専用ページにて公開。ソフトウェア開発環境は、「Arduino IDE」「Eclipse IDE」などに対応し、幅広いアプリケーション開発を可能とする。

販売価格は、メインボードが5,500円、拡張ボードが3,500円(いずれも税別)となっている。

低消費電力のIoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」を商品化

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事