IoTのゲートウェイとして機能するガス漏れ警報器

岩谷産業は、一般家庭に設置するガス漏れ警報器に通信機能を付加することで、様々な「モノ」をインターネットにつなぐゲートウェイ(中継基地)として機能する新技術(特許申請中)を開発した。

同社のLPガス事業は国内最大規模の顧客基盤を有しており、全国のユーザーに対して緊急時には30分以内に保安作業員が現場に駆け付けられる体制を確立している。今回開発した新技術は、自社の強みをベースにIoT技術を活用することで、ユーザーを様々な場面で支える新しいサービスの提供を目的としている。

通信機能付きガス漏れ警報器を用い、ガスメーターとのデータ通信を行う。これにより遠隔で検針情報を取得したり、トラブル時にガスを遮断したりすることが可能になる。ガスの使用状況をタイムリーに確認できることに加え、ガス切れの心配がなく安心してガスを利用できる。また、将来的にはハブとして、その他のインフラメーターや家庭内のIoTデバイスと接続し、高齢者の「みまもりサービス」や健康管理など新しいサービス・価値を提供するプラットフォームを構築する。

同社によると、これらのサービスを提供するには通常、各機器をインターネットに接続する必要があるが、今回開発した技術では全ての機器を直接接続する必要はないという。

通信機能付きガス漏れ警報器は1台の親機で10~20台の子機を設置できる。ガスメーター等、各機器からの情報を子機が集約し、親機を介してデータセンターへ送信。各機器~子機間、子機~親機間の通信は近距離無線通信等の通信費の掛からない通信網を活用し、親機~データセンター間の通信のみ通信費が必要となる携帯電話回線や今後普及が見込める無線通信方式である「LTE-M」や「NB-IoT」などを活用する。

「通信機能付きガス漏れ警報器」を IoT のゲートウェイ(中継基地)として活用

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事