脆弱性検出とパッチ適用作業を自動化するサービス

東芝情報システムは「脆弱性マネジメントソリューション」を販売開始した。情報セキュリティ市場は継続的に成長しており、今後のセキュリティ対策事業において年間10億円の売り上げを目標に拡販していく。

脆弱性マネジメントソリューションは、セキュリティの脆弱性を検出して、修復作業(パッチ適用)を一括管理する。標準プロセスに沿って、脆弱性対策を自動的かつ迅速に実行することを可能にする。企業の複雑なIT環境をスキャニング(診断)し、検出した脆弱性の影響度をダッシュボードに可視化。

可視化された情報に基づいて、優先的に修復作業を実施すべきポイントを見つけ出し、作業を計画・指示できる。さらに修復作業を自動的に実行することで、作業スピードの改善とオペレーションミスの低減が図れる。

同ソリューションは、トリップワイヤの「Tripwire IP360」とBMCソフトウェアの「BMC BladeLogic Server Automation」、東芝情報システムが提供する脆弱性スキャンデータ変換モジュールで構成される。

脆弱性診断・管理ソリューションであるTripwire IP360がネットワーク内のデバイスの脆弱性をスキャニング(診断)し、東芝情報システム提供の脆弱性スキャンデータ変換モジュールにより、IT環境運用自動化ソリューションであるBMC BladeLogic Server Automationに脆弱性情報を取り込む。

BMC BladeLogic Server Automationのダッシュボードで、脅威のレベル、放置日数、サーバポリシーを確認し、修復作業の実行計画を立案する。また、対象サーバや修復内容、スケジュールなどを設定する。このスケジュールに基づき修復作業を自動的に実行します。修復作業の実行が完了すると、その実行結果がダッシュボードに反映される。

製品販売価格は、脆弱性管理の対象サーバ100台で2,130万円から。

脆弱性検出と修復作業を自動化するソリューションの販売を開始


カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事