生産設備の予知保全を実現するサービスを開発

東京エレクトロン デバイス(TED)、金沢エンジニアリングシステムズ(KES)、ウイングアーク1st(ウイングアーク)は生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションを開発し、3社が連携して提供を開始した。

近年、製造業の現場ではIoT(モノのインターネット)を活用した生産設備の異常検知や故障予測などの予知保全への関心が高まっている。予知保全の実現には、多種多様な機器からのデータ収集、可視化、分析による設備の状態判別、一連の処理を実行するためのシステム化が必要になる。しかし、その実現にかける時間やコストの負担があり、IoT活用のハードルが高いのが現状だ。

生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションは、TED、KES、ウイングアークの持つ「PLCデータ連携・制御」「データ自動分析」「データ可視化」の技術を相互に連携し、データ収集環境の構築、設備の状態診断、可視化までを開発なく、一気通貫で構築することが可能。

生産現場で多く使用されているPLCから収集したデータを工場内で自動分析・学習・モデル生成、実行し、生産設備の状態診断結果をクラウドで可視化することで、エッジコンピューティングとクラウドサービスの両方の利点を活かした効率的なシステムを構築できる。

KESがPLC連携、制御を、TEDがデータ分析の自動化を、ウイングアークがデータの可視化をそれぞれ担当する。今後3社は、このソリューションを広く展開し製造業のIoT活用の推進させることを目指す。

生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションを開発 3社で連携して提供を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事