IoT/AIを活用した会議室モニタリングシステム

日本システムウエア(NSW)は、IoTセンサーとLPWAを活用したエッジAIソリューションで会議室の利用状況を可視化するモニタリングシステムを提供開始した。

モニタリングシステムは、会議室内に同社の組込みソフトウェア型評価パッケージ「Edge Device Controller」を搭載したエッジデバイスと数種類のIoTセンサーで構成され、会議室に設置して、BLEやEnOceanなどの無線通信技術により個室単位での環境情報を可視化する。

また、エッジデバイスとLPWA(Low Power, Wide Area)を連携させることで、LPWAの送受信が可能な数キロメートル範囲内の拠点間の会議室情報を通信回線を使わずに送受信することが可能。

近年、社内の会議室予約システムは、グループウェアなどの機能に含まれるなど広く普及してきている。そうした中、同社によると予約通りに会議室が利用されているかどうかを全時間帯にわたり確認することは困難なのが現状だという。

NSWが提供するモニタリングシステムでは、エッジデバイス内でデータ分析を行うエッジAIソリューションを活用する。入退室状況の把握だけでなく、温湿度や照度、音圧などを測定するIoTセンサーから収集したデータをもとに作成した独自アルゴリズムによって、会議室の雰囲気や活性度といった環境情報も可視化。

また、入退室状況の切り替えの際に利用者が特別な操作をする必要がないため、予約をして実際に会議室を利用しない空予約だけでなく、予約せずに会議室を利用する無断利用の実態もセンサデータから検出可能だという。

NSW、エッジAIソリューションによる会議室モニタリングシステムを提供開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事