振動データの見える化システムを開発

リコーインダストリアルソリューションズは、ファナックの協力を得て開発した「ファナックの小型切削加工機ロボドリル(ロボドリル)用加工状態モニタリングシステム」の開発を発表した。今後、商品化に向けて取り組みを進めるという。

ファナックの協力を得て開発した、ロボドリル用加工状態モニタリングシステムは、リコーの振動センサーと専用コントローラが組み込まれ、「工具状態」と「加工状態」の2つの見える化を可能にする。

工具状態の見える化では、工具の磨耗による振動変化をとらえることで、ユーザーが最適の工具交換タイミングを判断することが可能となる。初期状態からの振動パワーの変化をスコア化し、振動の振幅や周波数の変化の指標を分かりやすく示せる。

加工状態の見える化は、段取りによる不備、加工条件の不適正、工具破損による異常振動を記録し、トレーサビリティーに役立てられる機能。また、API(Application Programming Interface)により、NAS(Network Attached Storage)やPCサーバに波形やスコアのデータを蓄積し、分析に役立てるデータ連携も可能。

同社によると、切削の状態・マシンの状態・段取りの状態などが分かり、生産性向上、トレーサビリティー、保全につなげることが可能だという。

「ファナックの小型切削加工機ロボドリル用加工状態モニタリングシステム」を展示会で展示


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事