信号情報をLTEを用いた自動運転車両に活用した公道での実証実験

日本信号とディー・エヌ・エー(DeNA)は、2018年4月24日に神奈川県藤沢市内の公道上で、自動運転車両が信号情報を受信し走行する実験を実施した。

信号制御機に日本信号の専用無線装置を取り付け、リアルタイムに信号の灯色や残り時間などの情報を自動運転車両へ送る。信号情報を受けた車両は、その自動運転システムによって「進む」か「停止」かの制御を行う。

実験はDeNAとヤマト運輸による次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」で、アイサンテクノロジーの自動運転車両を用いた自動運転による配送の実証実験内で実施した。ロボネコヤマトは、神奈川県、藤沢市、DeNAおよびヤマト運輸で締結した協定に基づき実施している。

信号情報を携帯電話網を用いて自動運転車両に活用した日本初の公道実験を実施
日本信号株式会社

関連サイト:

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事