AI起業家の育成に向けて、NVIDIAが包括的なサポートを提供

AI特化型インキュベーターであるディープコア(以下、DEEPCORE)と、米NVIDIAは提携し、人工知能(AI)分野における優れた若手起業家を共に育成するプロジェクトを開始したことを発表した。

DEEPCOREは、AI、特にディープラーニング分野の優れた若手起業家育成を目指すAI特化型インキュベーター。コミュニティ&コワーキングスペース「KERNEL」を今後オープンし、AI技術駆動のコミュニティ運営や企業との共同実証実験、スタートアップ支援などを実施する。

NVIDIAは、コンピューターのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPUを開発。近年はGPUの技術を生かしてAIコンピューティング分野で様々なプラットフォームを提供し、AIの爆発的な進化を支えている。

今回の協業により、KERNELのメンバーは、NVIDIAからAIインフラ提供、トレーニング、コンサルティング、起業支援を含む包括的なサポートを受けて、AI分野の起業家を目指す。
NVIDIAは、同社の「Volta」ベースのGPUがKERNELに導入されるほか、クラウドベースのプラットフォーム「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」の活用を通じて、KERNELメンバーの研究開発やプロジェクトの社会実装を支える。NGCにはディープラーニングに最適化された、包括的なソフトウェアコンテナが含まれており、利用者はクラウド経由でKERNELの外からも気軽にGPUコンピューティングリソースにアクセスできる。

NVIDIAは開発者や研究者向けに、最新のAIツールやAI技術の使い方に関する実践的なトレーニングである「Deep Learning Institute(DLI)」を提供する。KERNELメンバーはオンデマンドのトレーニング講座を活用でき、NVIDIAやパートナー企業の認定専門インストラクターによるハンズオンのワークショップも受講可能。その他にも、KERNELメンバーへの技術コンサルティングや支援プログラム「Inception」を活用した起業家支援を実施していく。

DEEPCOREとNVIDIA、AI起業家の育成に向けて協業


カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事